DM COLLECTION 2000~2014

DM COLLECTION 2000~2014

2000年から2014年までの期間、㈱AZUMAの展示会の空間演出とテーマ、
そしてDMのデザインもおこなった。

東京・大阪・九州の支店がある㈱AZUMA の展示会は


東京は、有楽町交通会館にて

大阪は、大阪店ショールーム

 
九州は、九州店ショールーム


にて、開催。

東京店の展示会は、有楽町交通会館のグリーンルームで
二百平米はある空間の演出である。

まず、テーマを意識し、レイアウトを決める。
それは、多くの商品のテイストを踏まえた上、その関係・関連を空間の中で、
より良くスタイリッシュに陳列し、飾りつける。

搬入の1日で仕上げ、写真撮影をもおこなう。
物撮りは、ホワイ時代から25年、長く業務とし受けているクリエイティブ行為だから、
自ずと経験値の高さは上がっている。

他、同社参加のギフトショー・インテリアライフスタイル展の演出に加え、
九州店の出店の際、店内のディスプレイを何度かおこなった。


武蔵野美術大学では、芸能デザイン、現在では空間演出と言われているが
確かに、学んだことが仕事となり、積み重ね、実践で尚、その能力は高まっている。

学んだことは役にたち、身を立ててくれる。
学生時代には、わからぬことだったが、1日1日が長く感じたあの頃に比べ、今は、時が短い。
やる事とやれる事、やれない事とやろうとしない事が解ってくると、時間が短く感じるのか。
闇雲にはコトにあたらなくなった。続きは、「時々日和」に書こう。




グラフィックの仕事は、大好きだ。
素直に言えば。
ただ、誤字・脱字は、おそろしい。
何度も何度も校正し、確かめ、確認を終えても、また、見届ける。
イラストやレイアウトは、楽しい作業だし、いろんな挑戦ができる。
もちろん、見積があるし、予算があるから制限内ではあるが。

2000年のDMから何年かは単色使いや2色までというものもあったが、だんだん色が増えていっている。
MACからWINDOWSへ、OSも代わり、ハードも変わり、印刷屋からオンデマンドのデータ、
版下という言葉は、使わなくなった。
データ入稿から出力して、少量対応も安価でできるようになった。
印刷屋さんは、閉店したものもあり、今まで3社と関わりがあったが、
現在は、自分で入稿・出力し、納品をしている。
オンデマンドでの入稿に、宅配だから、今までのように出向くことは 少なくなったが、
色のことと紙質は、思考錯誤は当然続いている。

以下は、今年までのDMのコレクションです。







a0053417_21233481.jpg







a0053417_21235629.jpg







a0053417_21241663.jpg









a0053417_2124322.jpg












a0053417_21244622.jpg











a0053417_21245843.jpg











a0053417_2125952.jpg












a0053417_21272585.jpg

















a0053417_2128527.jpg














a0053417_21282690.jpg











a0053417_21284687.jpg












a0053417_2129445.jpg












a0053417_21292175.jpg













a0053417_21294097.jpg












a0053417_21295768.jpg












a0053417_21301479.jpg











a0053417_21303284.jpg












a0053417_21304637.jpg













a0053417_2131282.jpg














a0053417_21315815.jpg














a0053417_2132182.jpg



















a0053417_21331865.jpg















a0053417_21333965.jpg

[PR]
by identity_of_inaba | 2013-06-25 21:25 | DESIGN